注意点を聞いておこう

>

がん検診の方法を調べよう

検査の方法を相談してみよう

人によっては、バリウムを飲んで身体に異変が起こってしまうかもしれません、
これまでにそのような経験がある人は、必ず医師に伝えてください。
またバリウムを飲んで身体の具合が悪くなったら、その時点で医師に伝えましょう。
身体に合わないと、どんどん不調が悪化してしまいます。
現在は、バリウムを飲まなくても胃の中を検査できる方法が生み出されています。
ですから、バリウムに不安を抱いている人は遠慮なく伝えてください。

バリウムを飲むと、少なからず身体に負担を与えます。
小さな病院だと、バリウムを飲む方法しかできないかもしれません。
バリウムが飲めない人は、規模の大きな病院へ行った方が良いです。
すると、別の検査で胃を調べられます。

便通に問題がある人は注意

普段から、便秘気味の人がいると思います。
するとバリウムが飲めないと医師から判断される場合があるので、医師に伝えてください。
バリウムを飲むと、しばらく胃の中に溜まります。
すると余計に便秘が悪化してしまうかもしれません。
便が身体の中に溜まりすぎると、別の病気に繋がる危険性があります。
まだ大きな病気を発症していなくても、便秘が悪化して病気になるケースが見られます。

便秘気味の人は、がん検診をする時に注意しなければいけません。
がん検診の申し込みを済ませたら、便秘を解消する努力をするのも良いですね。
食物繊維が豊富な食材を摂取したり、水をたくさん飲むと便秘の解消に繋がります。
がん検診の用意をしておきましょう。


この記事をシェアする
▲ PageTop