注意点を聞いておこう

>

何かの病気を発症している人

病気になっている場合

医師に、しっかりがん検診を受けられるのか相談してください。
特に心臓の病気や大腸の病気になっている人は検査ができないと言われることがあります。
がん検診を受けたことで、身体に異変が起こるかもしれません。
心臓や腎臓に病気を抱えている人は、水分を制限されていることがあります。
すると飲める水の量や、時間が変わる可能性があります。
自分で勝手な判断をするのは危険です。

大きな病気を発症していなくても、不安なことがあったら事前に伝えておきましょう。
がん検診ができるか、医師が判断してくれます。
病気の種類によってはがん検診を受けられるけれど、注意事項が変わるかもしれません。
通常の人とは食事制限などが変わるので、間違えないでください。

過去に病気を発症した人

過去に病気を発症したことがある人は気を付けてください。
がん検診を断られる可能性があります。
もう完全に病気は治ったと油断しているかもしれませんが、がん検診の影響で再発することがあります。
がん検診を受ける際は、特殊な薬剤を飲んだりします。
その影響で、身体に悪影響を与えるかもしれません。

数年前に発症した病気でも、医師に伝えましょう。
病気になったことが原因で、身体の器官が弱っている人も見られます。
器官が弱っていれば通常のがん検診ができないので、医師は方法を変えてくれます。
病気になったからがん検診ができないと、諦めている人もいるでしょう。
ですが医師に相談すれば、できるだけ対応してくれるので安心してください。


この記事をシェアする
▲ PageTop