注意点を聞いておこう

>

医師からがん検診の説明がある

飲み物に注意しよう

前日は、飲み物は何でも飲んで構いません。
しかしがん検診の当日になると、水以外のものは飲めなくなります。
お茶やジュースは、がん検診が終わるまで控えてください。
また水でも、大量に飲むのはいけません。
コップ1杯か2杯までが限度です。
水でも飲み過ぎると、胃の中に残ってしまうのでがん検診を正しく実施できません。
がん検診の2時間前までに、飲むよう心がけてください。

またお酒も飲み物ですが、前日も飲めません。
がん検診が終わってから、アルコールを摂取しましょう。
食べ物のことを気にする人はいますが、飲み物のことは頭から抜けてしまう人がいます。
飲み物にも決まりがあるとしっかり理解して、医師から詳しい注意点を聞きましょう。

食事をする時間や量

がん検診の前日は、食事をすることができます。
ですが普段と同じ食事をすることは控えてください。
まず時間は、夜の10時までになります。
それ以降は食べられないので早めに用意してください。
また、お腹いっぱいになるまで食べないでください
たくさん食べると、早く食事を済ませたとしても胃の中に食べ物が残ってしまいます。

脂っこい食べ物は胃に残りやすいので食べないでください。
がん検診の当日は、終わるまで一切食事ができません。
ほんの少しガマンするだけなので、がん検診の前日は軽めの食事を済ませましょう。
特定の薬を飲んでいる人は、医師に相談してから飲んでください。
がん検診に問題ない薬だったら、検査の2時間前までに飲みましょう。


この記事をシェアする
▲ PageTop