注意点を聞いておこう

がん検診を受ける時の注意点

食べたり飲んだりして良いもの

がんは治らない病気だと思っている人もいるでしょう。
ですが発見が早ければ、治療できる可能性があります。
自覚症状が少ないので、自分でがんになっていると気付くのは難しいです。
自分で身体の具合がおかしいと思った時は、もう手遅れかもしれません。
がんの発見が遅れると、治療が効果を発揮できなくなってしまいます。
病院でがん検診を受けると、身体の奥で起こっている異変に早く気付けるでしょう。
早期発見をするために、がん検診を1年に1回は受けましょう。

がん検診には、注意点があります。
注意点を守らないと、がん検診の結果が正しく出ません。
食事に関しての注意点がいくつかあるので、必ず確認しましょう。
何を飲食すれば良いのか、医師に尋ねると具体的に教えてくれます。
またすでに他の病気を発症していたり、薬を服用していたりする人もいると思います。
その場合は最初にがん検診ができるのか、医師に相談してください。
発症している病気や薬の種類によっては、がん検診ができないと判断されることがあります。

病気や薬を隠していると、がん検診の最中に具合が悪くなるかもしれません。
がん検診では、バリウムを飲みます。
現在飲んでいる薬とバリウムが反応して、身体に有害な成分に変わることがあるので注意しましょう。
不安なことがあれば、何でも良いので前もって聞く意識を持ってください。
がん検診の直前に言うのはいけません。
医師に迷惑が掛かるので、前もって相談しましょう。

▲ PageTop